課題
 有効性
 先進性
 成果目標
 全体概要・構成
 教育的効果および活用例
 体制図
 8、9月     12月
 10月       1月
 11月       2月
 10月4日
 実践の評価
 e-ラーニング



■有効性

既存の人的支援ネットワークを支えるための新たなe-ラーニングモデル〜
学習履歴の分析活用による家庭学習、教科学習の成立支援

 松原市では、平成14年度より松原市不登校児童生徒総合支援会議を設置し、スクールカウンセラー、松原市教育支援センター(チャレンジルーム)の教育相談員、訪問指導員、関係諸機関との連携等、文部科学省「研究開発学校」指定の松原第七中学校をはじめ全市的・総合的な支援のネットワークを構築している。また、ITを活用した「心の窓にアクセス」事業として不登校の児童生徒にパソコンを貸し出し、インターネットを利用した電子メールによる交流活動も実施している。
 今回提案するe-ラーニングシステムをこの人的支援ネットワークの基盤として利用することで、不登校児童・生徒が自宅で授業内容に沿った自主学習を行い、教室からの遠隔授業を受けることで教室を身近なものに感じ、教室復帰に向けて大きな成果が期待できると考える。
 e-ラーニングは学習を始めたいときにいつでも取り組むことができ、生活リズムが崩れがちな不登校児童・生徒でも無理なく利用できる。またネットワークを通じてどこからでも利用できるため、家庭内で学習を進めることができる。e-ラーニングシステムの学習履歴を分析活用することにより、子どもの学習実態に沿った適切な指導、アドバイスを実現できる。
 一方本システムは、学校内の教科学習の場でも学習履歴を分析することで児童・生徒の学習達成度の把握に役立ち、理解しにくい部分の授業ビデオを繰り返し見ることで、学習の理解を確実なものにするという活用方法にも応用できる。